借金返済はできる!〜完済への近道〜

絶対に解決できる!借金返済

借金返済は出口がないもの、ずっと返し続けないといけない、なんて考えていませんか?
借金返済は、ただお金の面だけで困るというものではないですよね。

 

「また返さないと。」

 

とずっと考えていることで、余裕、やる気、なにもかもが削がれてしまいます。
楽しいことをしていても、頭の片隅に借金がある、そんな重苦しい気持ちから脱出する方法を見つけましょう

 

どうすれば、借金返済が少しでも楽になり、早く終わるのか、返済する額を減らせないかを検討してみるべきです。
返済する額とは、もともと借りた元金とその利息です。

 

また、返済方法によっては、振り込み手数料や返済場所まで行く交通費など、諸々の費用もついてきてしまいます。

 

こういった返済額とそれにまつわる費用を抑える、減らす方法を検討してみます。
返済に関連する費用は、返済方法を変えることなどで可能になる場合もあるでしょう。

 

返済額自体を何とかして減らしたい時には、より低金利なローンへの借り換えやおまとめも検討してみるべきです。

 

また、それでも返済が難しいという場合なら、債務整理をして借金を解決するしかありません。
債務整理には、全額(税金は含まれません)支払いしなくてよくなる方法や、借入先との合意によって一部借入額を減額する方法、さらに法定利息以上での過払いの返還などいくつかの種類があります。

 

生活における制限を受けるものもあるため、適切な方法を選びましょう。

 

借金返済には必ずゴールがあります。
より早く完済へとたどり着く近道を見つけられるはずなのです。
参考サイト・・・簡単わかりやすい!借金返済の方法|法律の専門家に無料相談できる

 

困っている点をクリアにしよう

借金返済で何が一番困っている点なのか、それをクリアにしましょう
返済している間には、あまり冷静な判断ができなくなっていることもあります。

 

返済額を準備することだけに集中するあまり、自分の状況が見えなくなっているかもしれません。

 

返済額の大きさ

お給料が入っても、そのほとんどを返済額に充てている状態になっていませんか?
通常ローン返済額の割合は、収入の30%以内にしておくべきといわれています。

 

あまりに返済額が大きい生活をずっと続けることはできません。
「いつかは終わる。」と思っていても、何年も続けることは難しいでしょう。

 

苦しい状態の期間を冷静に見つめる必要もあるのです。

 

返済の手間がかかること

お金を借りる時には、切羽詰った状態であるほど返済のことまで考えることなく申し込んでしまうこともあります。
毎月何度も借入先に出向く、ATMまで行く、この時間は積もり積もれば大きなものでしょう。

 

家族に内緒の借入

借金を家族にはっきりと伝えているという方のほうが少ないでしょう。
返済に遅れて連絡が入ってしまうと、家族にばれてしまいます。

 

返済遅れがないように、最新の注意を払っていることで、精神的に疲れてしまうこともあるでしょう。

 

違法な業者からの借入

そうとは知らずに、登録業者でないところから借りていませんか?
法外な金利の請求や、いつまでたっても完済できない状況に追い込まれていることがあります。

 

これはあくまでも、借金返済において困っている点の代表的なものです。
またこういった問題点が複合していることもありますね。

 

自力での解決が難しいこともあるでしょう。
専門家に助けを求めたほうがよいケースがあることも知っておくべきです。

 

借金は全部同じもの?

お金を借りる、借金をしている状態というのはいずれも同じものと受け止めている方は多いのです。
しかし、きちんと分類して返済の優先順位を明確にすることで、楽になったり完済により早く近づいたりすることがありますね。

 

とにかく返しているという状態を一度見直してみませんか。

 

一番早く返さないといけない借金はなんでしょうか?
まず、金利が高いものから返すという点をはっきりとしておきます

 

ローンの利息は日割り計算となるのです。
1日でも早く返すことで、利息は軽減されるでしょう。

 

次に借入額が少ないものを返す必要があります。
借金は、その金額よりも件数に注意しておかないといけません。

 

借入件数をできるだけ減らすことは、とても重要になります。
そのため、借入額が少ないものから順に完済を目指すというのがポイントです。

 

返済が重なることで、お金の準備が難しい時も、どれから先に返済していくのかを知っておくとよいですね。
しかし、返済額が大きくなりすぎて、期日に返済できないことが頻繁に起こっているかもしれません。

 

そんな時には、返済できない状況をそのままにすることは避けましょう。
任意整理などの方法をとらないといけないこともあります。

 

返済のためにまた別のローンやキャッシングを利用し続けるということは、起こりやすいことです。
どこからいくら借りているかがわからなくなってしまっている状態では、完済どころの話ではありません。

 

まず現時点でどのような借金なのかを把握しましょう。

 

借金返済に疲れ果てた…

「クレジットカードを持つようになって、買い物を迷わなくなりました。
ボーナス払いでいいから、分割で、リボ払いで、としていくうちに、お金を使っているという意識がなくなってしまったのです。

 

お給料が入ったのに、返済する額を除けば手元には2〜3万円しか残りません。
クレジットカードの支払いの日にお金がなく、消費者金融に飛び込んでしまった時からさらに返済に追われるようになりました。

 

その時はクレジットカードの支払いでの残高は合計で150万円、消費者金融に50万円の借入があったのです。

 

借金があると、どんな時でもそのことばかり考えてしまいます。
ちょうど彼女から、結婚を意識するような発言も出ていました。

 

でも頭の中には借金返済のことばかりです。
もちろんこんなに借金していることは言えません。

 

この期に及んで、彼女と出かけてもクレジットカードで奢る日々でした。

 

しかしある日、彼女が家に来ている時に積み重なった郵便物の束から、督促状が落ちてしまったのです。
それも消費者金融からのでした。

 

彼女はその時は、何も言わなかったので、気づかなかったのかと胸をなでおろしていたのです。

 

ところが、その翌日からLINEの返信がだんだん遅くなりはじめました。
なんとなくおかしいと思って聞いた時には、借金がある相手とつきあっていくことも、結婚することもできないと言われてしまったのです。

 

お給料で入ったお金は、ほとんどが借金の返済に回しています。
おまけに振られてしまいました。

 

自分には何もないのだ、と気づいた時には遅すぎました。返しても、返しても借金が減ったとは思えず、本当に疲れ果てています。
自業自得とはいえ、このままの生活がずっと何年も続くのかと気が重いです。」

 

借金返済に疲れ果てている方は、解決方法を探してみましょう。
早く返す方法や、返済額を減らせる方法はあるのです。