借金返済に時効があるってホント?

借金返済に時効があるということを聞いたことがあるでしょうか?

 

「時効があるなら返さなくてもいいのでは?」
と安易に考えてはいけません。

 

借金返済が時効になるには、単に返さない状態を続けていればよいというものではないからです。

 

借金が時効になるのは、金融機関(信販会社や消費者金融を含む)から借りていれば5年間となります。
ですが、返さずに5年経てば、その借金はなくなるというわけでは当然ありません。

 

借金の時効は、援用しなければ成り立たないものです。
ただ単に5年経てば、返さなくてよくなるということではないわけですね。

 

また、時効は貸し手の権利行使によって中断されてしまいます。
権利を行使する方法はいくつかあります。

 

借金があることを借りた側が認めた場合、時効が中断されてしまうのです。
貸した側が、1000円だけでもよいから振り込んでください、減免しますので署名して返信してくださいという連絡を入れてくることがあります。

 

それならできると考えて、これに返信してしまうと、借金があることを認めたとみなされるのです。
他にも貸した側が裁判をおこした場合も、時効は中断します。

 

一般的な社会生活を送っていて、一切連絡先なども貸主に知られないまま、5年間逃げ切れることはありえないということがわかるでしょう。

 

借りた額と、時効を目指す期間のバランスが取れることはありえないはずです。

借金返済での問題を解決したいなら、時効を狙うのではなく、おまとめローンや債務整理などの方法を探してみるべきでしょう。